2012年06月01日

NHSでは子どもが病気になったらすぐ診てもらえますか

<知恵袋>回答(*)2012/6/1 03:10:06

<夫にイギリス赴任の話が出ています。
現在妊娠中なので子育てをイギリスですることになるのですが、
子供が小さいと病気になることも多いと思います。
病気になったらすぐみてもらえますか?
GPの診察はあてにならないと聞いたのですがどうですか?
薬や検査もあまりしてもらえないとか。
救急病院も紹介してもらわないといけないのでしょうか?
誤診などで何かあった時どうしよう…と心配です。>


ロンドンで出産して子育てしております。というか、すっかり育って、現在は憎たらしいティーンエイジャーになっております。歯医者だけは日系に行ってますが(イギリスの歯医者は抜きたがる傾向があるので)、あとは全部NHSのお世話になってます。初めて日本に行くときに、これはNHSではできないので日系の医院で日本脳炎の予防接種を受けたほかは、予防接種もNHSですませました(もう必要な接種は全部すみました)。

GPもいろいろですから必ずしもすべての医者がすばらしいということはないと思いますが、どうしてもあわないと思ったら担当を替えてもらうことも可能です。同じ肌の色の(たとえば中国系の)医者にしてもらうと安心です。というのも、白人のお医者さんはちょっと色の濃いめのオリエンタルの新生児を黄疸と見間違えたりするので(ジョークではなくほんとの話。検査すれば違うのがわかるので大丈夫ですが)。

予防接種などはGPよりは看護婦が担当する場合が多く、いままで会った看護婦さんはみないい人ばかりでしたよ。ただし、日本のように一度に一つの予防接種などということはなく、子どもが健康であれば注射2本と経口ワクチンを一度に接種などということがあり、最初ははらはらしましたが何事もなく育っております。あとから考えると、3度の診療所行きを一度にすませられたので働く親としては楽でした。熱が高いときに薄着にして寝かせなさいと言われたときは日本とは正反対なので面食らいましたが、確かに薄着にしたら熱が下がり始め、先入観はよくないなと思ったりしました。

また、急な発熱とか骨折とかいった緊急の場合は、GPを通さなくても総合病院の緊急外来にいくことができます。総合病院には小児科専用の緊急外来があり、いつも混んでいるので待たされますが、夜でもあいてますし、お医者さんも子どもの扱いに慣れてます。インフルエンザが流行ったときなどはすぐに電話相談などが開設されますし、病院に行かずに近所の薬局に薬を取りにいけるように取りはからってくれたりもしました。

担当のお医者さんの診断が疑わしいと思ったときは、プライベートの病院でセカンドオピニオンを求めればいいでしょう。その際、最初のお医者さんにセカンドオピニオンを求めたいので資料を出してくれと頼めば、レントゲン写真など出してくれますよ。それになにしろNHSは検査も手術も全部無料ですし、16歳までは処方箋があれば薬局で求める医薬品も無料です。

また、NHSの場合、ボランティアの通訳を手配してもらうことも可能です。予約が必要で、必ずしも都合のいい時間に設定してもらうことはできませんし緊急の場合は無理ですが、たとえば検査の結果を聞くときなどには通訳がいると安心です。

日本で出産して渡英されるのですよね。腸重積の心配があるので、お子さんが6ヵ月過ぎるまでのは長期のフライトは避けられたほうがいいでしょう。


posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

イギリスと日本の最大の相違点は宗教ですか

[知恵袋]回答(*)2012/5/28 01:58:33

イギリスと日本の最も大きな違いは
 宗教による文化の違い
じゃないでしょうか。
 イギリスはキリスト教、
 日本は神道の影響を色濃く受けていますよね>


「イギリスと日本の最も大きな違いは宗教による文化の違いだ」と思いませんが、とりあえず宗教の話しから。イギリスでもっとも信者が多いのでは、ヘンリー8世がバチカンと袂を分かって作った独自のキリスト教「英国国教会(アングリカン・チャーチ)」で、教会のトップはエリザベス女王です。

とはいえ、世論調査によると半数近くのイギリス人は自分を無宗教と定義しているようですし、クリスチャンを自認する人でも、教会に行くのは冠婚葬祭以外はクリスマスとイースターだけという人も多いです(たとえば、いまの連立内閣の一方である自民党党首と、野党第一党の労働党党首はどちらも無宗教を公にしています)。

宗教系の公立学校は多いですが、英国国教会系の学校は原則どんな宗教の子どもでも受け入れますし、学校主催の宗教行事への参加は自由です(不参加の場合は 事前に親が手紙をもたせ、別室で自習です)。英国国教会の次にはカソリックとイスラム教が多いと思いますが、他にもヒンドゥー教、仏教、ユダヤ教、シーク教その他もろもろ、それなりの数の信者がいます(この人たち全部が世論調査では「自分には宗教がある」と答えることになるので、国民の大多数がクリスチャンなどということがないのがおわかりになると思います)。

イギリスの文化において、宗教が大きくかかわっているようにみえるのは「慈善行為に対する人びとの考え方」です。学校生活を通じて、またテレビやスポーツや様々なイベントを通じてあらゆる場面に慈善活動が入り込んでおり、だれかのために役に立つことをすること、お金を寄付することなどが、子ども時代から生活の一部になっています。

そんなわけで、「イギリスと日本の最も大きな違いは宗教による文化の違い」ではなく、「成熟した民主制と多文化主義による文化の違いだ」と思います。どちらも宗教というよりは政治的決断によるものです。
タグ:英国生活
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

パリからマドリッドまでの夜行列車の旅はどうですか

[知恵袋]回答(*)2012/5/25 01:50:56

パリからマドリッドまで夜行列車で行くか
 飛行機で行くか迷っています>


もう大昔(20年以上前)のことですが、パリからリスボンまで夜行列車に乗ったことがあります。帰りはリスボンからマドリッドまで列車に乗り、そこで何泊かして列車でパリに戻りました。一等でなくても寝台車が個室で(友人と二人部屋を取りました)、コンパクトでしたが何もかも揃っていて感激しました。

夜行列車では寝るのがもったいなくて車窓からずっと外を眺めてましたが、フランスの風景からスペインの風景へ、ポルトガルの風景へと、窓から見える景色の湿度が下がっていくのが月明かりで見ているだけでもわかりました(どんどん乾いていったという意味です)。また、日本にはない国際列車の発着駅も国によっていろいろ異なり、おもしろかったです。

飛行機での旅は点から点への移動になるし、国際空港もどこでもたいして代わり映えしないので、もしお時間があるなら列車の旅がいいと思います。国際列車でも、途中で乗り込む人びとは地元の人なので人を見るのも楽しいですよ。

タグ:ホリデイ
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

日本の放射能汚染に関する海外の報道は信用できますか?

[知恵袋]回答(*)2012-05-06

<イギリスやドイツの報道だと日本の放射能は危機的な状況と言われていますが、日本の報道はほとんど福島のことには触れません。
海外と日本の報道、どちらが正しいですか?

<このエントリの最後にドイツZDF Frontal21「事故から5ヶ月の報告」の動画があります>

海外の放送といっても比べられるものは少ないので、イギリスとドイツに限ってわかる範囲で回答します。

日本における放射能汚染については、NHKの報道(一部を除く)よりもイギリス(BBC)やドイツ(ZDFなど)の報道のほうが信頼性が高いと思います。理由は、BBCやZDFは本来そうあるべき形の公共放送だから。NHKも公共放送ですがだいぶ歪んでいます。

時々「BBCはイギリスの国営放送」と勘違いしている人がいますが、BBC(イギリス)やZDFなど(ドイツ)は国営放送ではなく公共放送です。では国営放送と公共放送の違いは何か。

放送局の運営は大きく3つに分けられます。国家予算/税金によって運営される国営放送、広告収入によって運営される民間放送(私営放送)、受信料によって運営される公共放送です。運営形態がどれであろうと十分な資本がなくては健全な運営できませんから、各放送局は必要な予算を確保するために出資元の利益になる(出資元が求める)、あるいは、出資元の不利益にならない放送を目指します。では出資元はだれか。国営の場合は「国/政府」、民間の場合は「私企業」、そして公共放送の場合は「視聴者」です。

公共放送は受信料で運営されることで国(政府)や企業から自由でいられ、受信料を負担する視聴者の利益を代表する放送局として、国に対しては有権者の代理として、企業に対しては消費者の代理としてものを言うことができます。


続きを読む
posted by nfsw19 at 01:00| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

どうしたらパレスチナ問題は解決できるでしょうか

[知恵袋]回答 2012/2/4 21:11:13

パレスチナ問題とはなんですか。
 どうしたら解決できるでしょうか


まず、解決策から。

パレスチナ問題とは、宗教とか民族とかいったそこに住む人々の属性を取っ払うと、古典的な領土問題です。シナイ半島にある「パレスチナ」と呼ばれる土地がだれのものかについての争いで、争う両者がどちらもそこに住むことを主張して譲らないのであれば、第三者の調停によって土地を分け、二つの国を作るのがもっとも現実的な解決策になるでしょう(倫理的な問題などは無視して考えた場合には、ですが)。あるいは、すべてを国連の管理下におく方法も考えられますが、国連が弱っちいのでこれは現実的ではありません。


続きを読む
posted by nfsw19 at 21:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ=ガザ地区なんですか

[知恵袋]回答 2012/2/4 20:13:14

<パレスチナ=ガザ地区なんですか?>

パレスチナはイスラエルの中にある自治区で、国連によって自治が認められています。しかし、イスラエルは国際法に違反して自治区の中にまで入植地を広げ、パレスチナを分断しています。

パレスチナ自治区はイスラエルの中に2カ所あり、うち小さい方の自治区がガザ地区です。ガザ地区はイスラエルの西南の端っこに位置し、西側を地中海に臨む小さな場所で、海に沿った細長い形をしているので「ガザ回廊」とも呼ばれています。南側の短い辺はエジプトと国境を接しており、東側の長い側と北側の短い辺がイスラエルと接しています。ガザ地区にも数年前までイスラエルの入植地がありましたが、いまはありません。

もう一つの大きな自治区は西岸地区と言い、イスラエルの東側に位置し、東側をヨルダンと接しています。ヨルダン川の西の岸にあるので「(ヨルダン川)西岸」と呼ばれています。西岸地区の東以外の3方はイスラエルと接しています。西岸にはイスラエルの違法入植地がたくさんあり、まだどんどん作られています。

このようにパレスチナはガザも西岸も別の国と接していますが、ガザのエジプト側を除くすべての境界は、海も含めてすべてイスラエル軍の管理下にあるので、パレスチナの人々は自由に国境を越えることはできません。特に西岸はイスラエルが建設した高さ10メートルもの高い壁で囲まれています。以前は、西岸とガザのあいだをパレスチナ人が行き来することができましたが、いまはできません。そんなわけで、同じ自治区でありながら完全に二つに分断されています。
タグ:パレスチナ
posted by nfsw19 at 20:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

イギリスとアイルランドでは、どっちの方が日本人は人種差別されますか?

[知恵袋]回答 2012/1/27 17:49:12
古い記事ですが新しくアップしたのでしばらくこのあたりに置いておきます。
本来の日付位置に戻しました。(27.02.2015)


<イギリスとアイルランドでは、どっちの方が日本人は人種差別されますか?>

「イギリスとアイルランドでは、アイルランドのほうが人種差別はゆるいのですか?有色人種の日本人が行けば、どっちもどっちですか?英領北アイルランドは、人種差別がきつく日本人などはカラードとして気をつけないといけない。と教えていただきました。では、アイルランドはそんなに、人種差別をしないかと言えばそうでもないのですか?」

イギリス在住者です。イギリスにしろ、アイルランドにしろ、北アイルランドにしろ、日本人に対する人種差別があるかないかは「人種差別」をどのように定義するかによるんじゃないでしょうか。わたしの考えでは、生命に危険が及ぶほどではないまでも、職業選択や教育の機会、婚姻や居住の自由など人の一生を左右するような場面で「xx人である」という理由で明らかな不正義があれば「人種差別がある」と考えてもいいように思います。

以上の定義で考えた場合、イギリスにもアイルランドにも北アイルランドにも、(知る限りでは)日本人差別があるとは思いません。知恵袋でしばしば見かける「日本人差別」とされる現象のほとんど(全部)は、「日本人に対する偏見」のことではないでしょうか。

対象が何人であれ、偏見を持つ人はどこにでもいますし、そのような偏見はたいがいの人が一つや二つ持っているんじゃないでしょうか。たとえば、よく言われるジョークに「空港でアメリカ人旅行者を見分けるのは簡単だ。ショートパンツをはいた太った人が集団で大声で話していたらそれはアメリカ人だ。ショートパンツをはいた太った人が集団で静かにしゃべっていたらそれはオーストラリア人だ」なんてのがありますが、これはアメリカ人とオーストラリア人に対する偏見ではあるものの差別ではないです。

偏見は、日本人の外国人に対する偏見をみればわかるように(例えば、外国人に部屋を貸さない、「外国人お断り」といった張り紙をお店や銭湯に掲げてなんとも思わないなど)、おおむね無知から発するものです。日本人にしろ何人にしろ、実際に会って話す機会がもて、一人でも友人知人になればそのような偏見はやがて消えます。たまたま自分がそのような偏見のターゲットになることがあったとして、それをその国(地域)全体のふるまいと定義するのはあまりにも性急だと思います。

もし、北アイルランドやアイルランド共和国やイギリスのどこかでそのような偏見にさらされることがあるとすれば、おそらくその地域に居住する日本人が少ないからではないかと想像されます。自分が積極的にコミュニケートしてそのような偏見を取り除いてあげると、偏見を持っていた人も持たれた人も両方ともより幸福になれるんじゃないでしょうか。

ところで、北アイルランドについて「イギリス領」という言い方はしません。「イギリス領スコットランド」とも「イギリス領イングランド」とも言わないのと同じです。イギリスは北アイルランドを含む4つの「国」の連合王国で、この4つには上下の関係はありません(建前ですけどね)。

また、IRA(アイルランド義勇軍)と武闘派のロイヤリスト(イギリス側)が武装闘争をしていたのはもう過去の話です。1997年にイギリスとアイルランド共和国のあいだに「ベルファスト合意」が取り交わされ、アイルランドは公式にイギリスに対して北アイルランドの返還を求める権利を放棄しました。これは、アイルランド共和国と北アイルランドでそれぞれ実施された国民投票で、圧倒的多数の支持を得て成立しています。

まだ一部に武装解除に応じない一派があり、たまに英軍を襲ったりしていますが、かつてのような武装闘争はもうだれの支持も得られません。なにしろ、昔はIRAの名うての闘士だったマクギネス(現北アイルランド第二首相)がアイルランド共和国の大統領選に出馬して、けっこうな人気を博す姿がイギリスのニュースで和やかに報道されるほど事態は沈静化しています。

*追加します。

アイルランド共和国が中立の立場を維持しているのは事実ですが、小規模ながら国防軍はあります。陸軍、海軍、空軍があり、国連平和維持活動などに兵士を派遣しています。

また、北アイルランドにはイギリス系のプロテスタント(入植した人々)と元々住んでいたカソリックとの両方が住んでいて、住む地域はくっきりと色分けされています。以前は教育や就職などでカソリック系市民への差別待遇が日常化していて、そのためにIRAの武装闘争に共感するような環境があったとも言えます。ベルファスト合意以降、改善に向かいつつあるとはいえ、長年の遺恨はそう簡単には解消せず、まだ双方の市民にとって「NO GO AREA(絶対に足を踏み入れてはいけない地域)」が各所にあります。

posted by nfsw19 at 03:50| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

イギリスのバンド、労働者階級か中流階級かで分けられますか?

[知恵袋]回答 2012/1/6 03:08:42
古い記事ですが新しくアップしたのでしばらくこのあたりに置いておきます。
本来の日付位置に移動しました。(27.02.2015)


<イギリスのバンド、労働者階級か中流階級かで分けられますか?>
 たとえば、Arctic Monkeys、Libertines


バンドそのものを階級分けするのは簡単ではないですが、バンドのメンバーのバックグランドは英語のウィキペディアを読めばだいたいわかりますから、メンバーの大半(あるいはリーダー)が中流であればそのバンドは中流、労働者階級であれば労働者階級と分けることは可能だと思います。ですが、出身階級がなんであるかはそのバンドの志向やファン層とは必ずしも一致しません。

たとえば、Arctic Monkeysの場合(http://en.wikipedia.org/wiki/Arctic_Monkeys)、Alex Turnerは両親が(中流階級の典型的職業のひとつである)中等学校の教師だそうで、特に教えている科目がドイツ語と音楽とのことなので両親は中流階級出身ではないかと想像されます。また、本人も1年間のギャップイヤーを経てマンチェスター大学で英語を学んでいますから全体として中流っぽい経歴ですが、中等学校は(おそらく両親が教育者だからでしょうが)公立のようです。とは言え、イギリスでは90%以上の子どもが公立学校で学ぶので、公立出身だからと言って労働者階級とは限りません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Alex_Turner_%28musician%29
他の3人のメンバーについては特に記述がないのでわかりません。

Libertinesの場合はもっと興味深いです(http://en.wikipedia.org/wiki/The_Libertines)。

Carl Barâtは離婚した両親のあいだを行ったり来たりして子ども時代を過ごしたとあります。父親は元アーティスト(画家?)で武器工場で働いており、母親は平和/反核活動家で、かれは母親といっしょにおもにコミューンで過ごしていたようです。このボヘミアンなバックグラウンドでは出身階級はなんだかよくわかりません。大学には入ったものの卒業はしてません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Carl_Bar%C3%A2t

Pete Dohertyは父親が軍人、母親が看護婦だそうですから、典型的な労働者階級出身と言っていいと思いますが(父親が士官学校出身なら中流)、特筆すべきは学業成績の優秀さ。中等教育修了試験GCSE(イギリスの子どもが11年間の義務教育終了時に全員受験しなければならない国家試験)で11科目に合格し、そのうち7科目で最高点のA*を獲得しているとのことです(たまげました)。日本の制度で言えば中学卒業時(よりは2年多いですが)に10段階評価で全科目平均9.5ぐらいにあたります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pete_Doherty
他の2名については詳しい記述がありません。

でも、出身がどうであれ、音楽指向はあまり関係ない気がします。たとえば、今年10周忌のジョー・ストラマー(クラッシュ)は父親が外交官で本人は寄宿制のパブリックスクール出身というアッパーミドルですがパンクだし。
タグ:階級 music
posted by nfsw19 at 04:10| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

アメリカはなぜパレスチナの国連加盟に反対なんですか?

[知恵袋] 回答(*) 2011.09.16


<アメリカはパレスチナの国連加盟に
拒否権を行使すると宣言しているようですが、
アメリカは何でそこまでするんですか?
アメリカはイスラエルに操られているんですか? >


「操られている」と言うと流行りの陰謀のようですが、そういうものではなく、アメリカ社会の中に占めるユダヤ人の社会的影響力の大きさに因ると思います。これらの影響力の行使は隠されていないどころか、だれの目にも明らかです。

イスラエルを除けば、世界でもっともユダヤ人人口が多いのがアメリカで500万人以上います(イスラエルも同じぐらい)。とは言え、人口比率で言えばアメリカの全人口の2%足らずなので、数のうえではそれほど大きな勢力ではありません。

続きを読む
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

イスラエルとパレスチナの一人対千人の交換って、イスラエルの代価が大き過ぎませんか?

[知恵袋]回答 2011-10-18

<イスラエルが、ハマスに拉致されたイスラエル兵一人と、
終身刑のテロリストを含む1000人以上の受刑者とを交換するそうです。
そこまでしても取り戻したかった一人なのでしょうが、
たった一人のために代価が大き過ぎませんか?>


状況からみて、イスラエルがまだパレスチナ(おもにハマス)との戦いを続けたい(攻撃されたい)ための戦略でしょう。どんなにひょろひょろのホームメイドであってもガザからロケット弾が飛んで来ていさえすれば、イスラエルがパレスチナを攻撃したりガザ封鎖を続けたり、また西岸に入植地を拡大することの申し訳が立ちますから。

今回、1000対1で交換されるイスラエル兵がハマスに捕らえられたのは5年も前です。各国に散らばったPLO幹部(とみなされた人物)を探し出して暗殺するなど、イスラエルの諜報部であるモサドの秘密作戦実行能力については国際社会でもよく知られているところであり、そんなモサドの実力をもってすれば、いくら敵地とは言え、せいぜい愛知県ぐらいの広さしかないガザで捕虜の隠し場所をつきとめるぐらい何の雑作もないでしょう。

また、もし捕虜の居場所を知らなけかったならガザ攻撃など怖くてできません。空爆を含む前回のガザ攻撃では1400人以上のパレスチナ人が亡くなりました。

続きを読む
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。