2012年06月26日

イギリス音楽界のリアルな大御所って?

[知恵袋]回答 2012/6/26 01:07:46

<イギリスの音楽界におけるリアルな大御所って? >

たぶんトム・ジョーンズでしょう。いまだに全盛期の三十代のころと同じような声量のつやのある声で歌えますし、新しいアルバムも出してます。それにセクシー(笑)。今年からBBCで始まったオーディション番組『The Voice UK』でメンター(番組ではコーチと呼びます)の一人になり、今年はかれの担当したシンガーが優勝しました。

ポール・マッカートニーはもうただのおっちゃんです。たまに出てきてビートルズやウィングス時代のヒット曲を歌いますが声が全然出てません。

6月頭にバッキンガム宮殿の前で開催されたクイーンの「ダイヤモンド・ジュビリー・コンサート」には、「コモンウェルスを代表するアーティスト」と呼ばれる面々がどっさり出てきて歌い(コモンウェルス出身じゃない人もいましたけど)、大御所としてはマッカートニー、ニール・ダイヤモンド、トム・ジョーンズ、エルトン・ジョンが出てきましたが、歌のうまさでも華やかさでもトムがダントツでした。とは言え、ニール・ダイヤモンドも七十代という年から考えると別の意味ですごいプロ意識、いまだにセミヌードのカレンダーを毎年出してます(贅肉ゼロです)。

このコンサートでは、グレース・ジョーンズが腰でフラフープを回転させながら1曲歌いきるという荒技で目を引きました。

往年のロック・スターでいまだに現役なバンドはストーンズ、個人ならポール・ウェラーってところかな。

クイーンのダイヤモンド・ジュビリー・コンサートでのトム・ジョーンズ
http://www.youtube.com/watch?v=kwzz2F-_BEQ
(↑このリンクは無効になってますので)
(↓こちらでお楽しみください)
http://www.youtube.com/watch?v=aps-D9D551k


フラフープまわして歌うグレース・ジョーンズ
http://www.youtube.com/watch?v=kIicwZrkEhY


posted by nfsw19 at 01:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

イギリスの大衆紙についておしえてください

[知恵袋]回答 2012/6/25 00:45:38

イギリスの大衆紙
影響力の強い順に並べてもらえませんか?>


最大の発行部数は大衆紙、高級紙含めて「サン」です。選挙でも「サン」が応援した政党がたいがい勝ちます。ですが、経営者のマードックがいま汚職だの政党と近すぎるだので査問受けてますから、今後の影響力は落ちるかもしれません。3ページ目に毎日半裸の女性ヌードがあり、そういうグラマーモデルのことを俗に「ページスリー・ガール」と言います。

次に発行部数が多いのは「メール」です。保守党の支持基盤である保守層の女性がターゲットで(ですから裸はありません)、王室ネタが多いです。メールは常に保守党支持なので、メールの応援で選挙が左右されることはありません。

次に発行部数が多いのは(たぶん)「ミラー」です。労働者の新聞で労働党支持です。

「スター」と「エクスプレス」は読んだことがないのでわかりません。購買層はだいたい「サン」と同じではないかと思います。表紙にまで半裸のおねえさんが出てきます。

「メトロ」は各都市限定のフリーペーパーの朝刊です。駅などを中心に置かれていますが、宣伝ばかりで、宣伝の隙間にちょっと記事がある程度。暇つぶしでも読めるところは少ないです。

ロンドンでは「メトロ」より、同じくフリーペーパーの「イブニングスタンダード」のほうがずっと幅をきかせています。「イブニングスタンダード」は夕刊で、以前は有料紙でしたが、経営者が代わってフリーペーパーに模様替しました。駅などの他、以前は道で売っていた販売員がいまは道行く人に手渡していますし、主立った新聞販売店にも置いてあります。記事ももっとずっとまともで面白いので、「メトロ」はそのまま電車の中に置いてきてしまいますが、「スタンダード」はたまに持ち帰って家で読む事もあります。

posted by nfsw19 at 01:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働者階級と中流階級がつきあうことはまれですか?

[知恵袋]回答 2012/6/25 00:13:33

<イギリスでは、労働者階級の人と
中流階級以上の人が付き合う事はまれですか
? >


昔ながらの定義であれば、イギリスで中流階級にくくられるのは「高等教育を受けた専門職(医師、高等教育機関の教育者、研究者、建築家、聖職者、法律家、政治家、高級官僚など)」と、大企業や金融機関であれば「意思決定に関わる重役以上のポジションにいる人」になります。こういった職業や地位にいる人びとが同じような教育程度の同じような種類の職業の人たちと交際することが多いのは、なにもイギリスに限ったことではなく、日本でも世界のどこでも同じではないでしょうか。

上記の定義に従うと、大企業や金融機関の重役未満の勤め人は、中間管理職も含めてすべて労働者階級になります。日本では「一億総中流」という言葉が長らく有効であったために(企業のトップと平社員の賃金格差が小さかった)、「ホワイトカラーはすべて中流」といまだに思い込んでいる人が多いですが、実際問題、現在の大企業のトップとその企業に勤めるサラリーマンやOLが同じ階級に属すると言われて納得する人はまれでしょう。労働者階級というと、つい工場労働者や炭坑労働者などいわゆるブルーカラーの職業を思い浮かべるかもしれませんが、社会経済構造の変化とともに青いつなぎが白いシャツに変わっただけで、オフィスワーカーも労働者です。

続きを読む
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

IB資格でイギリスの大学の学部生になれますか?

[知恵袋]回答 2012/6/16 00:03:32

<「アメリカの高校卒業→イギリスの大学入学」は卒業資格(GCSEやA Level)などの関係で難しいと聞きましたが、アメリカの高校で国際バカロレア(International Baccalaureate)を採用している学校に通って卒業し、イギリスの大学でIBを入学資格として認めている大学には直接Fresh Manとして出願し、Foundation Corseに行かずUndergraduateに通うことは出来るのでしょうか?>

入学を希望する大学(学部)が求める科目で必要なだけの成績を修められば入学許可が出るはずです。その場合はファンデーションコースを経る必要はありません。ただし、IBは、イギリスではAレベルと同等には扱われておらず、6科目も受験しなければならなくてわりに報いが少ないですから、その点は気をつける必要があります。

たとえば、イギリスで一番入学が難しいとされるケンブリッジ大学の場合、現在の足切りラインがAレベルのA*AAa (小文字のaはASレベルでの成績)です。A*はIBの7点、Aは6点に当たると言われてますから、これをそのまま当てはめるならIB受験生は「HL766」でいいはずなんですが、実際は「776」が求められており、合計点の足切りは40点です。これは、IBの場合、試験が1回しかなく、Aレベル受験生が1年目に受けるAS試験を受けないのでその成績を合否判定の参考にすることができないためと、Aレベルの受験内容に比べてIBのほうが専門性が低いためと説明されています。

いまではたいがいのイギリスの大学がIB受験生を受け入れていますから、どんな科目でどれぐらいの成績が必要とされているかは各大学の学部ごとの募集要項をお読みください。Aレベルの受験生に求められている3科目をHLで取り、Aレベルの受験生に求められている成績の1〜2割増ぐらいを目安にするといいと思います。ただし、数学科など極度に専門性の高い学部への進学はIBのHLでは足りないと言われています。

<追記> AレベルのAがIBの6.5ポイントという計算のようです。したがってIBで7ポイント得てもAレベルのA*と同等とは見なされないようです。


posted by nfsw19 at 03:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

イギリスは二大政党制ではなくなったんですか

[知恵袋]回答 2012/6/15 08:46

<前の学校の政治担当の教師が、自由党が増えたため
イギリスは二院制では無くなったとか言っていたんですけれど
今の学校ではイギリスは二院制のままだと言っています。
どちらが正しいのでしょうか?>


二大政党制と二院制を混乱されているように思います。

まず、二院制から。イギリスは下院(庶民院)と上院(貴族院)の二院制で、選挙で選ばれた代議士による下院のほうが力が強いです(日本の衆議院をイメージされるといいと思います)。選挙は一選挙区一議員の単純小選挙区制です。上院議員(貴族院議員)は選挙なしの任命制で、70名(だったか90名だったか)の世襲貴族と、数百名(正確な数は忘れましたが600名ぐらいだったかも)の一代貴族が議員になっており、一代貴族には、首相や閣僚経験者、法曹界、経済界などの民間人が推薦を受けて就任します。任期は終身、無報酬です。

続きを読む
タグ:英国政治
posted by nfsw19 at 08:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスの若者の失業に解決策はありますか?

[知恵袋]回答 2012/6/15 18:57

イギリスの若者たちの無職(失業)に解決策はありますか?
今、大学の課題でイギリスにおける若年層無職(youth unemployment)について調べています。原因には、リーマンショックからの不況や、若者のスキル不足、就労・教育支援の廃止などがあげられる、と調べることができました。そこで、私なりには「新企業の開拓」が解決策にあげられると考えましたが、他にイギリスにおける解決策はありますか?>


日頃から関心を持っていた問題なので、いい機会ですから考えてみました。

失業中の若者(16歳から24歳)には二種類あります。一つは、リーマンショック以降の不況で職に就けない若者たちで、もう一つはそれ以前から職に就けなかった若者です。教育支援の廃止と大学の授業料の大幅値上げは、すでに、大学以上の高等教育機関への進学率の減少として現れていますが、実施から日が浅いのでまだ失業の原因にはなっていません(将来的には学歴不足の一世代が出てくる可能性があります)。

まず、リーマンショック以降に職に就けなくなった若者について。

この人たちの失業(というより無職化。正規の職に就いたことがないわけですから失業とは言い難い)の原因は(多くの場合)学歴不足やスキル不足によるものではなく、単に学歴に見合う就職口がないからです。一言で言えば運が悪い。かれらが初等教育や中等教育を受けていたころ、イギリスはバブル景気下にあり、当時の政権党であった労働党の教育政策(大学以上の高学歴によって階級差を縮小することを目的とした教育政策)の後押しもあって大学進学率が伸びました。ですから、景気が上向いて、企業などに大卒の若年層を雇う余裕が出てくれば職に就くのはむずかしくないと思います。

しかし、この不況はそう簡単には解消しそうにないので、正規の職に就けないまま三十代になってしまうと巻き返しは難しいかもしれません。というのも、イギリスは日本と違って新卒採用(社内教育)という仕組みがほとんどなく、多くの場合、経験者が優先されるからです。そのため、新卒者は似たような職場で臨時職として働いて経験を積み、履歴書に「経験あり」と記入することで、やっと面接に呼ばれる可能性が出てきます。つまり、正規職に就けないあいだに自分の学歴やスキルが活かせるような臨時職があればいいですが、そうでないと、仮に景気が上向いても経験不足のために就職の壁が厚くなるかもしれません。

とは言え、この人たちは学歴もスキルもあるわけですから選ばなければ仕事はあるでしょうし、優秀であれば海外に職を求めることも可能だと思います。

問題なのはリーマンショック以前から無職だった若者たちです。
続きを読む
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

イングランドの大学は19世紀までオックスブリッジだけ?

[知恵袋]回答 2012/6/5 20:25

イングランドの大学は19世紀ぐらいまで
オックスフォードとケンブリッジしかなかったらしいですね。
それはなぜですか?>


「オックスフォードとケンブリッジぐらいしかなかったらしいイングランドの大学が19世紀にたくさんできなのではなぜですか?」という質問だと答えやすいので、勝手ながら質問を読み替えました(以下、記憶に頼って書いているので思い違いがあるかもしれませんがご容赦)。

19世紀のイングランドに多くの大学が開校した理由は、18世後半の産業革命で社会構造が変わり、それまでは上流階級の独占状態だった高等教育を受ける機会を下々にも広げようという動きが起きたからです。19世紀初めにできたロンドン大学がその典型的な例で、人種も階級も問わず、すべての市民に高等教育への門戸を開放することが設立の主旨として唱われています(俗に市民大学と言います)。

当時、貿易で富を手にした商人たちや職能組合などが大学やカレッジを開校する例が多く、19世紀中盤から20世紀前半にかけて次々に高等教育機関や中等教育機関が誕生しました。

産業革命以前のイギリスは、(大ざっぱに言うと)土地持ちの貴族階級とその土地で働く小作人か農奴、鍛冶屋などの職人がいるという社会構成でした。貴族の称号と財産は長男にのみ受け継がれるので、次男以下の男子は軍に入って高級軍人になるか、高等教育を受けて専門職(医師、高等教育機関の教師、学者、法律家、政治家、聖職者、官僚など)に就きました。大学はそうした専門職を育成する教育機関という位置づけです(いまでもそうですけど)。

当時はいまで言う中流階級はまだなく、大学は上流階級の子弟が通う枠さえあればよかったので2校で足りていたんではないかと想像します。
タグ:英国教育
posted by nfsw19 at 01:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスの学校はお弁当持参OKですか?

[知恵袋]回答(*)2012/6/5 04:40:25

<イギリスは給食代を払えないご家庭に配慮して
お弁当持参可の公立校が多いけれど
なぜ日本では公立校は給食で私立校がお弁当なの?>


「イギリスは給食代を払えないご家庭に配慮してお弁当持参可の公立校が多いけれど」とのご質問の前程について。イギリスの場合、給食代を払えない家庭の子どもには「フリーミール」という制度があり、給食代は無料になります。ですから、子どもに弁当を持参させるかどうかは給食代が払える否かが理由ではないです(親が朝早く仕事に出てしまう家庭の子どもには朝食を食べさせる学校まであります)。

弁当を持参させるのは給食で提供される食事と違うものを子どもに食べさせたいかどうか、あるいは別の理由の場合が多いと思います。たとえば、宗教上の理由、ベジタリアン、オーガニック食品か否か、食物アレルギーのあるなしなど。単に子どもに好き嫌いが多く、給食よりもジャンクなものを食べたがるのでそれをもたせる親もいます。

また、弁当持参可は公立に限らず、寄宿学校(私立がおもですが公立もあります)を除いて私立でも実施されてます。何事によらず「選べる自由があるかどうか」がイギリスでは重要視されるため、そんなことどうでもいいじゃんと思うようなことにも「選べる自由」が設定されており、給食と弁当の選択もその一つです。

日本の私立校の事情には疎いですが、日本の私立校が親の手作り弁当を持参させることに熱心であるというのがほんとうであるとすれば、親がどれほど子どもの教育に熱心であるかを弁当作りで計っているのではないでしょうか。



そういうわけで、かれこれ10年以上もわたしは毎日弁当を作っている。小学校のときは新設のシュタイナー学校で給食の設備や人手がなかったからしかたなく、11歳から通っているいまの学校にはキャンティーンがあるが、キャンティーンで食べると(並んで食事を受け取って食べるまでに)時間がかかり、昼休みがちょっとしかなくなるので弁当のほうがいいとの息子の希望でそのようになっている。めんどうなので弁当用のおかずはほとんど用意せず、ほぼ毎日、前日の夕食のおかずとごはんである。これが長続きのヒケツと言えばヒケツだろう、たぶん。

タグ:英国教育
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスって日照時間が短いですか

[知恵袋]回答(*)2012/6/5 19:28:36

イギリスって日照時間が短いですか?

ロンドン在住です。昼の時間、夜の時間の長さについてでは、1年で平均すれば日本と変わりませんが、日照時間(太陽が雲から出ている時間、屋外にいて影ができる時間)については日本のほうがイギリスより多いと思います。

日の出から日の入りまでの時間は冬至ごろで7時間〜7時間半ぐらい、夏至頃はその逆で16時間半から17時間ぐらいありますが、秋(8月後半)から春の初め(4月)までは日の射さない時間が多いため(仮に雨が降らなくても曇りがち)、年間でトータルすると(平均すると)日照時間は短いと思います。

そんなわけで、日が出るといつでもどこでもすぐ裸(に近いかっこう)になってガツガツと日光浴に励み、夏は太陽を求めて集団で南下するのがイギリス人の習慣になっていますが、これは健康を維持するために不可欠のようです。この限られたビタミンD吸収期間(日の出ている時間)に室内でゲームをしている子ども が増えたために、若年層のあいだでくる病が増加していると最近新聞で読みました。
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスで女王在位60周年記念行事をやってますが‥‥‥

[知恵袋]回答2012/6/5 19:57

イギリスで女王在位60周年記念行事をやっています
50周年より60周年の方が盛大なのは、
やっぱりもとは12進法の国だからですか? >


12進法は関係ないと思います。だったら48周年も祝ったはずですから。単に、めったにないことだからじゃないですか。プリンス・チャールズは63歳ですから、仮にいまキングになったとしても25周年で88歳。いまのクイーンより年上です。60周年はもとより50周年も祝えそうにないです。

加えて、いま不景気で消費が冷え込んでますから、国民のお祭り気分を鼓舞して消費を増やしたいという政治的な思惑だと思いますよ。それに、オリンピックを目前にして無理矢理にも愛国心の底上げをしたいんでしょう。イギリス人は一般的にそういう方面の体温が低いので、60周年記念行事でユニオンジャックを振り回す練習をさせているふうに見えます。

これに引き回されている高齢のクイーンご夫妻はまったくもってお気の毒。とうとう昨日、夫のエジンバラ公は無理がたたって入院してしまいました。雨の中、4時間も川に浮かべた船の上にいたんじゃ、だれでも病気になりますよ、ほんと。

当方ロンドン在住につき、一昨日はテムズ川のクイーン舟下りを見に行き、昨日は記念コンサートをテレビで見ましたが、愛国心の爆発ぶりはこれから戦争でも始めそうな勢いです。
タグ:英国王室
posted by nfsw19 at 00:00| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。