2013年01月17日

国旗掲揚をめぐってアイルランドで騒動があるようですが...

[知恵袋]回答日時:2013/1/17 23:18:42

<IRA(アイルランド共和国軍)のお膝元、
 アイルランド・ベルファーストでは
 ユニオンジャックを掲げる掲げないで
 暴動騒ぎが起きているということです。
 民主党のように、日本の政党のくせに国旗を切って(中略)が
 横行するような、こんな国では考えられないことだと思います。
 さて、このアイルランドのありかたどうなのでしょうか?
 ご意見を。>


ご意見を、とのことですが、事実に混乱があり、何に対して「ご意見」さしあげていいやらわかりかねるので、事実を組み立て直すことから始めたいと思います。

まず、「アイルランド・ベルファースト」について。ベルファストは、1921年にアイルランド共和国が英国からの独立を果たして以来、英国帰属になった北アイルランドの首府です。アイルランド島にあるのは事実ですが、「アイルランド・ベルファースト」と書かれると事実関係にねじれが生じますから、「北アイルランドのベルファスト」と書かれたほうがいいでしょう。

続いて、「イギリス国旗のユニオンジャックを掲げる、掲げないで暴動騒ぎが起きている」について。「掲げる、掲げない」で騒ぎが起きているのではなく、「ユニオンジャックを365日掲げるのをやめる」とベルファスト市議会が議決したので騒ぎになっている、が正しいです。そもそもこのユニオンジャックは、上記のアイルランドの独立以来ベルファスト市庁舎に年がら年中掲げられていたものですが、この年間を通じての掲揚を年に15日(クイーンの誕生日など)に縮小しようという決定です。なぜ掲げられていたかと言えば、北アイルランドはイギリスの傘下にあることの象徴的行為ではなかったかと思いますが(調べてませんので憶測です)、いまやその必要もなくなり、イギリスのどこの市議会とも変わらない普通の市議会として記念日のみの掲揚にすることにしたわけです。それも、だれかが強権発動で決定したのではなく、市議会での多数決による決定ですから、手続きにもなんらおかしなところはありません。

では、議会のこの決定に反対し、年間を通じての国旗掲揚を求めて「暴動騒ぎ」を起こしているのはだれでしょう。

そういう徴の旗ですから、もちろんナショナリスト、別の呼び方ではリパブリカン(ナショナリストの強硬派、過激派、IRAを含む)ではありません。国旗掲揚を続けよと主張しているのはユニオニスト(英国への帰属を求める人びと)、言い換えればロイヤリスト(王党派、ユニオニストの強硬派、武闘派)です。

にもかかわらず、わざわざ「IRA(アイルランド共和国軍)のお膝元」と書くと、これでは「暴動騒ぎ」を起こしているのがリパブリカンみたいです。北アイルランドで騒ぎがあるとすぐIRAと結びつけるかたがいまだあとを絶ちませんが、まず事実を知り、その事実に基づいてお考えになるようお勧めします。

ご存知だと思いますが、1998年にアイルランド共和国とイギリスとのあいだでベルファスト合意が成立し、それに引き続きアイルランド共和国と北アイルランドで実施された国民投票を経て、アイルランドはイギリスに対する北アイルランドの領有権主張をやめると決定しました。つまり、北アイルランド紛争は政治的に決着しています。以降、紆余曲折はあるものの北アイルランドには自治政府ができ、現在の自治政府はナショナリストとユニオニストが共同統治しています(北アイルランド自治政府の副首相職をIRAの司令官だったマクギネスが務めてさえいます)。昨年には、クイーンが在位60周年の地方訪問の一環として、初めて北アイルランドを訪問しました。

長い紛争でできた溝は一朝一夕には埋まりませんが、以上のように、今日の北アイルランドでは、かつて反目していたユニオニスト(ロイヤリスト)とナショナリスト(リパブリカン)が荒廃したコミュニティの立て直しのためにともに働く姿が日常化しつつあります。つまり、ベルファスト市庁舎での国旗掲揚を記念日のみにする決定は、そういう流れのなかでとらえる必要があります。

ネットニュースで見つけた「国旗掲揚」という熟語に刺激されての質問ではないかと想像しますが、ベルファストで起きているのは、言ってみれば、蝦夷征伐で手に入れた北海道の札幌市庁舎にその象徴として1年365日日の丸が掲揚されていたとして、それを国民の祝日だけにしようと市議会が決定したら、かつて本土から入植した人の子孫が「日の丸を年中掲揚せよ」と主張して火炎瓶投げたり警官を襲ったりしているようなものです(ちょっと違うか)。後ろ向きであり、すばらしいこととはとても思えません。

* * *

とは言え、市庁舎前でプロテストをする人々の大半はピースフルな群衆で、暴れているのはごく一部のようだ。ロイヤリストの仕込みもあるみたいだし、思想信条よりただ暴れたいだけの十代のギャングも相当数混じっている。
posted by nfsw19 at 23:30| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。