2013年01月09日

似てる?似てない?英国労働党のミリバンド兄弟と日本の鳩山兄弟

知恵袋回答日時:2013/1/9 06:07:31

<イギリスのミリバンド兄弟って
 日本の鳩山兄弟のようなものですよね?
 上流家庭、超インテリ、ホープとして注目を受けている。
 次期英国首相に最も近いミリバンド兄弟って、
 まさに鳩山兄弟じゃない?>


鳩山兄弟とミリバンド兄弟はまったく違うと思いますよ。似ているのは兄弟で政治家という点だけではないでしょうか。

ミリバンド兄弟の両親はともにナチスの迫害を逃れてイギリスに渡ったユダヤ系ポーランド人です。ナチスの目を避けて親切にもかくまってくれる他人の家を転々をするなど、それぞれたいへんな苦労をしてイギリスに渡り、イギリスで出会って結婚しました。つまり、ミリバンド兄弟はユダヤ人移民二世です。

父親はもう亡くなりましたが高名なマルクス主義学者で、まだご顕在の母親も学者で、人権活動家(パレスチナ支援の活動家としても有名)、反核活動家でもあります。そんなカップルの家は左派インテリのサロンのようなものだったようで、若い労働党の政治家や活動家、作家、外国人などが集まり、毎夜、議論に花を咲かせていたとのことです。兄弟はその中で子どものころからいわば左派の英才教育を受けて育ったと言えます。

ふたりとも地元の公立小学校から公立中等学校に進学し(あいだにアメリカにも住んでました)、その後オックスフォードに進学しました。年が離れていますから同じ時期には在籍していませんが、ともに学生組合の議長をつとめました。兄のデイヴィッドはオックスフォードとMIT卒業、弟のエドはオックスフォードとLSEを卒業して一時はジャーナリストとして働いていました。

親が学者ですから中流家庭ではありますが(上流ではありません)、箱入りで育てられた坊ちゃん兄弟の鳩山兄弟とは異なり、ミリバンド兄弟はロンドン北部のカムデン(けっこうラフな地域です)の公立学校で、さまざまなバックグラウンドの人びとにもまれて育ちました。政治家として頭角を現したのは兄が先で、ブレアのニューレイバー内閣で環境大臣、ブラウン内閣で外務大臣を務めました。弟のエドはニューレイバーのホープだった兄に比べるとかなり左寄りで、ニックネームはレッド・エドです(エドの方がより強く両親、特に母親の感化を受けたと言えそうです)。

前回の議会選で労働党が負け、下野した後にあった党首選を兄弟で争い(他にも候補がいましたが)、もっとも前評判の高かった兄のデイヴィッドではなく、組合の支持を得た弟のエドが勝ちました。ちなみに、この党首選の際、労働党員である母親は二人の息子のどちらも支持せず、唯一の女性、唯一の黒人候補だったダイアン・アボットを支持しました(わたしはディヴィッドが嫌いなのでエドが勝ってたいへんうれしかったです)。エドが党首になったときは「赤過ぎる」のでこれでは選挙に勝てないと心配されましたが、昨年の党大会で原稿なしで1時間余の演説をする様などみるに(すばらしい演説でした)、2年後の選挙に希望が持てます。

エドは私生活も政治家としてはユニークで、党首になったときは環境弁護士の奥さんとは事実婚で子どもがいました(その後、もう一人子どもが生まれてから結婚しました)し、無宗教を公言しています。ちなみにデイヴィッドの奥さんは音楽家です。

鳩山兄弟とはだいぶ違うと思いませんか。

* * *

2012年労働党党大会でのエド・ミリバンドのスピーチ


posted by nfsw19 at 06:30| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314636033

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。