2012年09月20日

尖閣問題、イギリスではどう報じられてますか

[知恵袋]回答(*) 2012/9/20 19:50

<領土問題に関してはどちらが正しいかではない。
 正しい方が負けている事例は多くある。
 流れを先に読みどう先手を打っていくかが大事と
 誰かがテレビで言っていました。
 海外メディアも中国側につくように仕向けられ、
 日本は巧妙に尖閣諸島を奪われるのではないでしょうか?>


イギリス在住です。今回の件についてイギリスでは報道そのものがあまり多くないですが、わたしがテレビで見たり新聞で読んだものに限って言えば、特に中国寄りでも日本寄りでもないですよ。むしろ、アジアの経済ビッグ2がたいへんなことになっているのに、イギリス人の関心が少ないことを叱ったり嘆いたりしている論調をよくみます。なにしろ連日ケイトのトップレス写真の件でニュース枠をどっさり消費してましたから。

中国については、国内の政治の混乱を外に向けることで目くらまししている部分があるが、放置すると政府そのものに矛先が向かう可能性があり、危険だといった論説がありました。日本については、問題があるのがわかっているのに尖閣諸島を国有化することでわざわざ火に油を注いでいるといった論調もあり、わたしもその通りだと思います。もともと言い出したのは石原慎太郎ですが、それに乗る政府もそうとうな馬鹿で、こんな外交音痴な政府をもつ日本の人が気の毒だと イギリスのメディアは思っているかもしれません。(「短気(怒りっぽい)」というより「短慮(考えが足りない)」だと指摘してますね。)

とは言え、アメリカ人がアップロードした動画に刺激されて、中東やアジアのイスラム国ばかりでなくローロッパでも暴動に近いデモが起きている件についての日本の関心は薄いですよね。自国の事情に差し障りのない遠い国の事件に関心がないのはどこでも同じですね、つまり。



日本のテレビの解説者(?)が「領土問題に関しては(略)流れを先に読みどう先手を打っていくかが大事」と言っていた(?)そうですが、今回の場合、日本が「先手を打って」島を国有化しようとしたのがそもそも事が大きくなった始まりなんじゃないでしょうか。双方の「愛国者」どうしが島上陸の応酬を繰り返していたのを一気に国政レベルの問題に引き上げてしまったわけで、子どものけんかにいきなり親が出て力でねじ伏せようとしたみたいなもんです。こんな短慮な行動に出る前にまず親同士の話し合いが行われるべきだったんじゃないでしょうか、たとえ時間はかかっても。

「海外メディアも中国側につくように仕向けられ、今後、日本は巧妙に尖閣諸島を奪われるのではないでしょうか?」とおっしゃいますが、いま世界経済の視点に立てば日本より中国のほうが重要な位置にいるのでは明らかです。日本を含め、どの先進国も中国を抜きに自国の経済を考えることは不可能である以上、落ち目の日本より中国びいきになるのは当然の流れじゃないでしょうか。

また、中国は過去何年もかけ、またそうとうな国家予算を割いて、中国語を学習する拠点を世界各地にどっさり作っています。言葉を覚え、その国の文化を知れば、その国に対する愛着が他の国に対するものより大きくなるのは当然で、とてもうまいお金の使い方だと思います(戦争するより安くすみますし、自国民の教師としての雇用機会も増えます)。それに引き換え、日本はバブルのころこそ海外にたくさん日本語学習機関を持っていましたが、いまではその予算はほぼすべて引き上げられてしまいました。その結果、イギリスの大学にあった日本語科はのきなみ中国語科に替わっています。「先手を打つ」とはこういう投資のことで、もし中国が出した広告に効果があるとすれば、こうした先行投資の結果だと思います。

* * *

[知恵袋]回答(*)2012/9/20 19:31:46

<今の反日デモはイギリスではどう報道されてますか?
 それとも無視でしょうか?>


BBC2の「ニューズナイト」で2,3日前に特集報道してました。「ニューズナイト」はNHKの「ニュースセンター9時(いまもやってますか?)」のような報道解説番組で、BBCの看板番組の一つです。でもそれ以外にはおもなテレビのニュースでは見てません。イギリスのニュースは現在、2日ほど前に女性警官2名がマンチェスターで殺された件とケイト・ミドルトンのトップレス写真の件で忙しいようです。

他にテレビだと、BBC24(1日中ニュースを流しているチャネンル)のワールドニュースの枠か、ロシアの公共放送「ロシアトゥデイ(英語放送)」で毎日詳しく報道しています。

代わりに新聞には出ています。中国現地からの詳細な報道や、日中の歴史的事情もまじえた論説もみかけました(いま満州について歴史の授業で勉強中の息子に読ませました)。
posted by nfsw19 at 02:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。