2012年09月20日

ケイトのトップレス写真についてイギリスはどうですか?

[知恵袋]回答(*)2012/9/19 00:24:02

ケイト・ミドルトンのトップレス写真について
 イギリスの反応はどうですか?>


ケイトは人気ありますから個人的に怒っている人は多いと思いますが、それよりもタイミングが悪過ぎるとニュースでは報道されてます。というのも、いまウイリアムとケイトは女王の名代としてコモンウェルス各国をまわって王室外交を展開中で、各国で盛んな歓迎を受けており、この写真の曝露がその歓迎ムードに水を差すのではないかと懸念されたからです。特に写真が公になったときはイスラム国のマレーシアに滞在中だったので、盗撮とはいえセミヌード写真が世に出たことに対するマレーシア国民の反応が心配されましたが、幸い写真が出る前と変わらずに歓迎が続いているようです。

王室としては、盗撮した匿名のカメラマンと最初に掲載した出版社を(フランスで)民事で訴えるとともに、犯罪としての訴訟も検討しているようです。いくら相手が公人でも、個人の敷地のなかでの行動を超望遠レンズで写真に撮って本人の許可なく発表していいはずなどなく、個人の権利の深刻な侵害である以上これは当然の措置だろうと思います(プライベートな時間だっただけでなく、塀で囲まれた個人の敷地の中です、お城ですけど)。もし裁判になれば、権力が報道の自由を侵害するとは、とかなんとかいった展開になると思われますが、「公の利益」のためという理由もかなりあやしいのではないでしょうか。

* * *

[知恵袋]回答 2012/9/20 18:41:48

<イギリスでは女性が
 トップレスで日光浴するのは普通のことですか?>



イギリスでは、夏に限らず春でも秋でも、ちょっとでも天気がいいと肌を露出する夏服を着る人が多いです。夏の数ヶ月を除き年間を通じて日照時間が短いので(昼が長くても日が出ないことが多い)、健康を保つために少しでもたくさん日光を浴びることが奨励されています。ちょっと前のニュースでも、最近は家の中でゲームで遊ぶ子どもが多く、日光浴が足りないためにくる病が増えていると警告していました。

と言っても、トップレスになるかどうかはそれとは別で、健康や開放感を求めてというよりも、ビキニの日焼け後が残ることを嫌っての場合が多いと思います。特に肩や背中のあいたドレスを着る機会の多い人は(ケイト・ミドルトンはそういうドレスを着る機会の多い人のひとりです)可能ならトップレスになって焼くか、付いてしまった日焼けあとを日焼けサロンに行って修正するようです。

* * *

[知恵袋]回答 2012/9/20 19:14:38

<プライベートな敷地内とは言え、衆人の興味関心があることを承知して用心しなくてはならない人物が、日光が当たるような場所でヌードになっていちゃついた結果、パパラッチに盗撮されて、それについてイギリス王室が怒るのは、どうも腑に落ちないのですが?>

スキがあったと言えばそれまでですが、700メートルも離れた公道から盗撮されるなんて思いもよらなかったんじゃないでしょうか。ものすごく高性能の超望遠レンズのようで、日本が世界に誇るものづくりのお手本であるキャノン製かニコン製(オリンピックで大活躍)じゃないかと思い、わたしはそっちのほうが気になりました。

<わざと話題を作って衆目を集めるヤラセのような気すらします。油断し、下品な話題をつくった皇太子や皇太子妃の品格こそ世間は責めるべきだと思うのですが?>

大学時代にシースルードレスのモデルになったことを引き合いに出して、もともとそういう女性だからという評を下す人がいらっしゃるようですが、だれにでもあるような若いころの大胆さの一つをネガティブにとらえて、いつまでも言われ続けるのはいやなものだろうと思います。

おそらく、もともと冒険心の強いアクティブな女性だと思いますが、お妃になる前から、また結婚されてからはますます服装には気をつけているように見えます。トップブランドの高級服を好まれたダイアナ妃のように華美でないし、だれでも手の届く程度の値段の既製服を上手に着こなし、不景気の時代にあわせて古いコートを仕立て直して活用するような頭の良さもあります。スカートもたいがい膝丈か少し短い程度でアクセサリーも少なく、若い女性の服装としては少し物足りないぐらいです。プライベートな場所でトップレスになるぐらいしか自由がないのではないかと思い、これからはそれすらできなくなるのかと気の毒になりました。この事件がウィリアムとケイトのこれからの生活に影を落とさないといいなと願っています。
posted by nfsw19 at 01:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。