2012年10月18日

パレスチナ問題へのアメリカの介入について

[知恵袋]回答 2012/10/18 03:04:45

<イギリスと「パレスチナ問題」についての質問です。世界史でユダヤのことをまとめで勉強したのですが、第一次世界大戦の時にユダヤ人はイギリスと「バルフォア宣言」の事項を結びましたが、イギリスの二枚舌、三枚舌外交で矛盾が生じ、現在の「パレスチナ問題」に発展してしまいました。
ここで疑問なのですが、一次、二次、冷戦の戦後処理として、現在はアメリカが主に「パレスチナ問題」の収拾に介入しているのはニュースなどでよく目にします。しかし、当事者であるイギリスはこの問題にあまり介入していないようにみうけられます。なぜでしょうか?
しっかり学習してから質問しろと思われるかもしれませんが回答おねがいします>


予想されているとおり、「しっかり学習してから質問」を、と言わざるをえません。「現在はアメリカが主に「パレスチナ問題」の収拾に介入しているのはニュースなどでよく目にします」という前程が大間違いで、アメリカの「介入」は「事態の収拾」のためではありません。むしろ、アメリカの「介入」がなければパレスチナ問題はとっくに解決していたでしょう。

アメリカのパレスチナ問題への「介入」は3つの分野を中心に行われています。

続きを読む
posted by nfsw19 at 04:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵袋回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。